2015年02月12日

ラヴェル、いつ聴いても新鮮


朝から寒暖差が、鼻粘膜によくない。
久しぶりにむせこむ。

朝練は、少しだけ遅刻。
今後のことを打ち合わせ。

今日のランチは、社食の
唐揚げ弁当。
昨日の夜は何も食べてないので、
(昨日の朝は抜き、昼はイモけんぴ2本)
お腹もすくはずだ。
お米を食べると、お腹がびっくりしています。。。


今日はラヴェル。
本当にラヴェルは、いつ聴いても構成感があり美しい。
今日は、フランス国立放送フィル&合唱団の「ダフニスとクロエ」。
音が美しい。
対比で、クレール=マリー・ル・ゲのピアノソロ。
それと、アッチェントゥスの「3つの歌」。
よくできました、です。

放課後は、印刷屋さんが来たり、
課題曲や自由曲候補を少しずつ。
前に進め です。

帰宅してからは、

Inbal.JPG
ラヴェル講座の、資料作りです。








posted by aokikun at 22:46| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(クラシック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413955912

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。