2007年10月15日

「肖像」を聴く

 
今頃になって、去年のコンクールの音源を
しげしげと聴いている。

曲は「肖像」。作詩は、大岡信 氏。
作曲は、鈴木輝昭 氏。

演奏は、福島県立A積黎明高校合唱団。

大岡信の詩集は、職場で入手。
演奏は、当日即売のMD。

譜面はまだ出ていないが、
いつもの輝昭作品。

好き嫌いはあるのかもしれないが、
私の中ではこの音像は好ましい。

今年の全国大会。
すべての演奏は聴けないのだが、
こういう昇華された音楽を聴ければいいなと思う。




posted by aokikun at 19:56| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 音楽(合唱) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

自分の感受性くらい
Excerpt: 以前から気になっていた本書を見つけ「自分の感受性くらい」をさっと見てみた.ほんの一瞬.筆者の精神が鋭く迫って,一気に感情を揺さぶられた.あまりにふいの出来事だったので,涙がこぼれそうになり感情の波を止..
Weblog:
Tracked: 2007-11-01 05:25

二人が睦まじくいるためには
Excerpt: 9月21日に愛する主人が42歳という若さで他界しました。その葬儀の挨拶にて主人が愛してやまなかったこの詩を読ませていただいて挨拶にかえさせて頂きました。その後、この詩が素晴らしかったとたくさんの方から..
Weblog: 詩集を...
Tracked: 2008-02-07 11:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。